MENU

対面式にリフォームする場合の費用

最近では欧米のように、対面式のキッチンが人気を帯びてきました。
・料理をしながらコミュニケーションができる
・子供の様子を見ながら食事の準備ができる
・見た目がかっこよく贅沢に見える

 

などなど人気の理由は様々ですが、今回は、対面式キッチンにリフォームした場合の費用の相場や注意点などについてご紹介します。

 

■対面式にした場合の費用の相場

 

対面式は、壁沿いにあるI型などと比べ、電気工事や配管工事などが増えるため費用が高くなります。ここでは、全国的な大手リフォームメーカーのパナソニックのホームページより、いくつか例と相場をご紹介します。

 

例1:アイランド型対面式キッチンにリフォームした場合

キッチン部分のリフォーム費用は「200万円」

 

【リフォーム詳細】
築31年の一戸建ての家を全面リフォームしたご家庭です。リフォーム代は全部で800万円かかっていますが、そのうち200万円がキッチンのリフォーム費用となっています。アイランド型のキッチンには、流しとIHが付いています。

 

例2:マンションの対面式キッチンをリフォームした場合

キッチン部位のリフォーム費用は「120万円」

 

【リフォーム詳細】
築9年のマンションを改装・設備交換した場合のリフォームです。リフォーム代は全部で420万円かかっていますが、そのうちキッチンのリフォーム費用は120万円となっています。マンションなので元々、対面型だったためリフォーム費用がそれほど高額ではありません。

 

例3:戸建てのキッチンをリフォーム

キッチン部位のリフォーム費用は「315万円」

 

【リフォーム詳細】
築27年の戸建てを全面リフォームしたご家庭です。リフォーム費用は、2200万円、そのうち300万円がキッチンの費用です。元々対面式ではなかったキッチンを対面式にすると、費用が高額になります。

 

これらの例を見てもわかるように、リフォームの仕方によっていろいろあり、相場はあってないようなものです。自分の家のキッチンの状況、どういうキッチンにしたいのか?キッチンで使う器具のグレードはどうするか?が人によって全然異なるからです。

 

また、業者によっても人工などの費用が異なるため、人のキッチンのリフォームを見ても参考にはなりますが、あてにはなりません。

 

■自分の家のリフォーム費用を知るためには?

 

やはり自分の家のリフォーム代を知りたければ、業者を呼んで見積をもらうしかありません。しかも、一つの業者だけだと、そこがたまたま高かったりすることもあるので、やはり複数の業者から見積をもらってください。今では、自分で複数の業者と話しをしなくても、複数業者からの見積をもらえるサービスもありますので、よければ利用してみてくださいね。

 

→自分家のリフォーム相場を知る

 

■対面式にする場合の注意点

 

元々はそうでないのに対面式キッチンにリフォームする場合はスペースに気を付けてください。アイランド型にする場合はかなりスペースを取りますので、リフォーム後のキッチンスペースが狭くてかえって使いづらくなる場合もあります。

関連ページ

キッチンのリフォームは何年目くらいが目安で行うのが良い?
キッチンのリフォームは何年目くらいが目安で行うのが良い?では、キッチンのリフォームはどのくらいを目安で行えばよいかについてご紹介しています。
キッチンのリフォームを格安で行う2つの方法
キッチンのリフォームを格安で行う2つの方法、では、キッチンのリフォームを格安で行う方法についてご紹介しています。
キッチンのリフォーム時期|目安となる築年数は?
キッチンのリフォーム時期|目安となる築年数は?では、キッチンのリフォームをどのくらいでやるのが良いか?目安となる年数や安くリフォームをするコツなどについてご紹介しています。